Top
201106ソウル旅  素敵な出会いとタッカンマリ
よもぎ蒸しのあと、車で送っていただいた先は東大門。
東大門はショッピングが有名ですが、私たちの目的はお買い物じゃありません。

目的はこちら。
f0134229_18294288.jpg

IKKOさんが「韓国料理のなかで一番好き」と言っていたタッカンマリです!

そしてIKKOさんが今田さんと一緒に訪れていた(確かアナザースカイだったかな)
タッカンマリ横町にある老舗『陳王華ハルメ元祖タッカンマリ』さんへ。
やっぱりよもぎ蒸しで体のなかからきれいになった後なので、
いいものを体に取り込まなくては!と思い、
味の濃いものではなく、純粋なるコラーゲンを求めてこちらにやってきました。

タッカンマリ横町はなんとも汚らしい怪しい横町です。
本当にここでいいのかな~?と不安になりながら入っていくと、
最初は魚定食屋さんばかりの横町があります。
すごいニオイのなか(あえてカオリではなくニオイと言いたいw)を進んでいくとタッカンマリ横町となります。

いろいろお店はあるので「ここでいいかな?」とか思うのだけど、チンハルメさんに到着して驚き!
すっごい人気で大混雑です!!
f0134229_1838194.jpg

チンハルメさんの目印はこの顔の看板。

f0134229_18385594.jpg

細い道に人がわんさかあふれてます。

土曜の夜だったので韓国人ファミリーがたくさん。
その人たちを見ていると受付で番号札を受け取っていたので、私たちもそれにならいます。
3階建てでかなり店内も広いので、50人くらいは待っていそうだけど回転はよさそうです。

そして10分ほどして店員さんが大声で叫びました。
『○○○○○○~?○○○○○○~???』
するとなんだかわからないけどお店の前で待っている人たちがみんな私たちを見ます。
な、なに!?と思ったら、『2人の人いますか~?」と聞いてたみたい。
他の待っている人たちは家族連れやグループが多く、2人は私たちだけのようです。
まわりの方のご親切でうながされ(笑)、店員さんのところに行くと、2人席が空いたので先に通すとのこと。
やったー、ラッキー!!!






2階席に通されました。
f0134229_1845179.jpg




このお店のメニューはただ一つ。
タッカンマリのみ。
なので座ると同時にタッカンマリが用意され、日本語担当のお兄さんがきて、手際良くまるごとドーンと入った鶏をちょきちょきしてくれます。
f0134229_1847519.jpg

タレも作ってくれるのでわからなくても安心~。
トッポギも勝手に出てきます。
f0134229_18491955.jpg


そして鍋開始。
f0134229_18495970.jpg

お兄さんが去り、隣の20台前半と思われる韓国人カップルを見るとキムチを食べてる。
キムチはどこ??ときょろきょろしていると、
カップルの彼氏が『김치(キムチ)!』と私の後ろを指さし教えてくれました。
f0134229_18542924.jpg

キムチとお水はセルフです。

その後もきょろきょろしている私たちを心配してくれたのか、カップルも私たちの鍋をよくのぞいています。
『こ、これは会話練習のチャンス!』ひそかにガッツポーズをした私。
といっても単語の羅列しかできませんが^^;

そしてもう『もう食べて平気?』という意味をこめてカップルに『아직(まだ)!?』と聞くと
『Ummmm....2minutes!』とのお答え。
もう2分経ったし~と思って食べようとすると『아직(まだ)!!』とストップが入ります(笑)。
数分経ち、また彼らを見ると・・・・
『・・・Now!!』とお許しが出ました(笑)。

そしてお肉にかぶりつき、私と友人は思わず顔を見合せます。

『お、おいしいーーーーーーーーーーーーーーー!!!』

ぴり辛のタレが絶妙なバランスで、シンプルな鶏肉のうまみを引き立てます。

お隣さんカップルにも
『너무 너무 맛있어요~(とーってもおいしい~)!!」と伝えると、満足げにうなずく2人。

もーとにかくおいしくって箸が進む、進む。
途中からキムチを入れてみたりしてまたしてもお隣さんの真似っこ♪

そして〆はIKKOさんお勧めの麺と決めていました。
店員さんを呼んで『면 주세요~(麺、お願いします)』と伝えます。
f0134229_1912119.jpg

ひゃー、鶏の出汁に麺がおいしそうに泳ぐこと~。

そしてまたしてもお隣さんの号令待ち(笑)。
『トングを使うといいよ』と言われたけど『ないの。』と言うと
いつの間にか店員さんを呼んで「隣にトングをあげて」と言ってくれたり、もう本当に親切で❤
単語しか話せないけど、英語とまぜこぜで話したり、眼と眼で会話する感じ。
心配でしょうがないといった感じでずっと見てくれていた2人。
私たちが麺を半分くらい食べると『もう放っておいても大丈夫だろう』と一安心した様子でした(爆)

彼らが帰るときも覚えたての『안녕히 가세요~!(去る人に対してのさようなら)』と手をふると
『 네~♪(はい~)』と満面の笑顔であいさつしてくれました^^

もうね、このお店の印象はこのカップルのおかげで200%アップしましたよ!
店員さんだけだったら忙しそうだからあまり聞けなかったと思うし。
このカップルに感謝のチップをあげたいくらいでした!!

お値段も満腹まで食べて、ビールも飲んだけど1人1500円くらいだったかな。もっと安いかも。
友人とほろ酔い大満足状態で「もーーー今のカップル最高!!」と大声で歩きながら駅まで向かうと
女の子2人組が道に迷っている様子。
目が合うと英語で「このお店知っていますか?」と聞いてきました。
地図をみると、彼女たちが行きたいのはなんと今私たちが行ったチンハルメタッカンマリ!!
親切にされて超ご機嫌な私たちは他の人にも親切にしたくなり、
「ついておいで!!つれてってあげる!!」と彼女たちをお店までご案内(笑)。
行く道すがら英語で話していると、彼女たちは台湾人とのこと。
GWに台湾行ったよ~!すごくよかった!と言うととっても喜んでくれました。
九分に行ったいうと「あそこまで行ったの?!」とびっくりされました。
彼女たちの番号札をもらってあげて、笑顔でバイバイし、私たちはようやく駅へ向かいます。

やっぱり親切にされると自分も親切にしたくなるし、
親切って相乗効果があるよね~!!
酔っ払いの私たちはずっとこんなことを繰り返し叫びながら明洞へと戻りましたとさwww

こちらのお店もリピ決定!!
でもあのカップルも一緒に行きたいわー^^;
[PR]
Top▲ | by marikkomekko | 2011-07-02 19:34 | @KOREA
<< 201106ソウル旅  本日の... | ページトップ | 201106ソウル旅  よもぎ... >>
"maidenhair fern" Skin
by Animal Skin