Top
タグ:カッチャン ( 3 ) タグの人気記事
Top▲ |
極楽時間@ヌリス・ワルン
晴れ女の力を発揮し、先週金曜は青空のもとディズニーランドで踊ってきました!
東京時代の友人も有給とって来てくれて、とっても楽しかった~♪
いずれこちらの写真もアップ予定です。

さてさて、グヌンカウィの魔の階段を登りきり、
汗を滝のように流しながらもなんとか車へたどり着いた30代3人。
そこではカッチャンからつめた~いおしぼりとミネラルウォーターのサービスが。
もぉー、本当に日本人としか思えないこのきめ細かい心配り!最高っ!

そしてお次は有名スーパーのデルタ・デワタへ。
おめあてはsukuさんおすすめの柔軟剤『molto』。
f0134229_17392679.jpg

実は心のなかでは「でもなんでバリまで行って柔軟剤なん!?」と思ってたワタクシ。
そんな私もいまやこのmoltoのとりこ!!
なんでちゃんとsukuさんを信じてもっとたくさん買ってこなかったんだー!!と
自分を責める毎日を過ごしております(笑)。
これでお洗濯すると、本当にバリのような香りがついてすっごく気持ちいいの。
次回はもっともっと50個くらい買ってくるぞ!

ここではお菓子やらサンバルやらビンタンやらたくさん買いましたが、それでも1500円くらい。
安いよねー。
お菓子もとてもおいしかったです。
ドライアップルのスナックとかおすすめですよー。

そしてそしてお次は・・・・このバリ旅行の最大の目的といっても過言ではない・・・
ヌリス・ワルン !!
(ヌリスって正しくはヌリズなの?ヌリーズなの?誰かおせーて。)

どでかいスペアリブで有名なこちらのお店。
ビンタンドラフトが飲めるっていうのも魅力のひとつですよね!
まずは乾杯~!!
f0134229_17411752.jpg


そして肝心のスペアリブは・・・ごめんなさい!!
ヌリスワルンではどんどんビンタンを飲んじゃって、気持ちよくなっちゃって、
気がついたらすべて食べ終わってましたーーーー!!!!

だってさぁ、目の前にあんな大きなおいしそうなスペアリブがきたらさぁ、
写真なんて撮ってる場合じゃなくない!?←ブロガーにあるまじきコメント!?

私のつたない言葉だけで感想をいいますと、
そりゃもうおいしくないわけないじゃない!!ってくらいおいしかったです(笑)。
もともとスペアリブ大好き人間のうちのオットはそりゃもうゴキゲン♪
ウブドへきたら絶対に外せないお店となりました!
ビンタンドラフトもいったいどのくらいおかわりしたのか・・・覚えてないですけど何か?
    ※うまうま~の写真が見たい方はこちらのみなさんのレポへGO!
          kirakiraちゃんレポ
          sty嬢レポ


そんなこんなでゴキゲン&酔っ払いで気持ちのよくなった私たち。
カッチャンが再び迎えにきてくれて行った先はウブド王宮。
楽しみにしていた『Jaya Swara』によるレゴンダンス鑑賞です。

と、ところが!あろうことか睡魔がぁぁぁぁぁぁ!
まぁあんだけ飲めば当然なんだけど・・・^^;
そんなときは5分でも思い切って寝てしまうに限る(?)。
途中がっくんがっくんと首を揺らしながらも最後までちゃんと観ましたよ!!
f0134229_17501889.jpg

写真がブレているのはお酒のせいではなく、カメラのせいです。たぶん。きっと。

前回観たSemara Ratihもすごくよかったけど、今回のほうが私は好きかなー。
踊りはもちろんのこと雰囲気が素敵。
ライトアップされた王宮を前に、上を見上げればお月様が輝いていて、なんともいい感じ。
バリの神秘的な雰囲気がよく出ていてとっても気に入りました。

こんな盛りだくさんの1日をカッチャンと過ごすことができて本当に楽しかった!!
今度はカッチャンも一緒にご飯を食べたいな♪

この日はクライマックスも最高の出来事が。
でもそれはまた次の機会のお楽しみ・・・^^。
[PR]
Top▲ | by marikkomekko | 2009-05-27 17:59 | @BALI 見・食・遊 | Comments(13)
グヌン・カウィ with カッチャン
ティルタエンプルに感動して興奮したオットが次に行きたいと言ったところ。
それは『グヌン・カウィ』。
ここはティルタエンプルから2キロほどのとこにある石窟遺跡です。
うちのオットの夢はアジャンタ石窟寺院に行くことなので
『石窟』という文字に弱いのです(笑)。
(ちなみに千葉に住んでるときは「のこぎり山」へももちろん連れて行かれました)

カッチャンが「えぇっ!?行きたいんですか!?」と驚いた理由は
駐車場から300段もの階段を下りないとたどりつけないということから。
「川のそばなので300段を下ります。往復600段ですけど・・・・本当に行きます?」とカッチャン。
私は「えぇーーー疲れたーーー」と言ったけれど、オットの目はすでに輝いています・・・。

「こちらが近道です」とカッチャンは段さえないところを案内してくれて(笑)、
するとそこにはテガラランよりも素敵なライステラスが!
f0134229_12482895.jpg

f0134229_12485861.jpg

汗をかいたところに心地よい風が吹き抜けます♪
気持ちいい~

オットも超ゴキゲン。
f0134229_12502210.jpg


そしてえんやこら~と下りの階段でひざがガクガクになりながらたどり着いたところは
マイナスイオンをがんがん感じる誰もいない空間!
f0134229_12511964.jpg

あー、この雰囲気、写真じゃ伝わらないかなぁ・・・。
もぉ本当に最高の空気っていうか、とってもよい『気』があふれている感じ。

f0134229_12523966.jpg

石窟もこんなに大きくて、11世紀の人がどうやってこれを作ったんだろう~と
想像が頭をめぐります。
ここでもカッチャンは深い知識を披露してくれて、
ガイドブックではわからないところまで説明してくれるのでとってもわかりやすかったです。
f0134229_12584172.jpg


でも・・・下ったってことは昇らないといけないんだよね^^;
f0134229_12555748.jpg


だんだん言葉少なになり、最後は無言で息をきらせながら帰路につく30代3人なのでした・・・。


つづく。
[PR]
Top▲ | by marikkomekko | 2009-05-17 13:02 | @BALI 見・食・遊 | Comments(16)
ウブドめぐり with カッチャン!
調子がのってきたので続々アップしちゃいましょう♪
しかも仕事から帰ってきて下の1本目の投稿をし、
HULAのレッスンに行って帰ってきた今、2本目をアップするというタフな感じがいいでしょ(笑)。
実は昨年に引き続き来週末ディズニーランドにHULAを踊りに行くので
余裕のある今のうちにアップしとかないと忘れちゃうからね~(汗)。


大好きなkirakiraさんのところで読んでから
「会いたい!」とずーっと思っていたガイドの
カッチャン
ついに会うことができました!わーい、kirakiraさんとこで見た顔だ~!!
なんとも流暢な日本語のご挨拶。礼儀正しいぜ、カッチャン。
結構人見知りをするうちのオットですが、カッチャンの感じのよさを気に入ったのか、
すぐに「蕨市」や「埼京線」の話で盛り上がってました(笑)。

前回のウブド滞在のときにはキンタマーニ高原からのサイクリングツアーに参加して、
民家訪問をするなど初めてにしてはディープなことをしたので
今回はオーソドックスにテガラランからスタート。

ライステラスがちょうどいい緑加減(?)で最高じゃないの~
f0134229_22491436.jpg

f0134229_22494796.jpg


まずはこのライステラスを見ながら腹ごしらえ♪
f0134229_22503455.jpg

このミーゴレン、ナポリタンみたいな味でおいしかった~。
私たちは上品な味よりも安っぽいB級グルメっぽいほうが好きみたいです^^。

そしてこちらでトイレを済まし(これ重要。だってここは貴重な水洗だもの!)、
お次は楽しみにしていたティルタエンプルへ。

サロンをカッチャンが着せてくれました♪
f0134229_22543365.jpg


この割れ門の先には有名な湧き水のしたたる沐浴場が。
f0134229_22554595.jpg

しかしこの日はカッチャンもびっくりするほどの人、人、人!!
まさにイモ洗い状態とはこのこと!
あまりにも多くの人が沐浴しているので写真を撮るのは遠慮しました。
たぶんバリのひとつの村中の人たちが巡礼ツアーのようなもので来ているのではないか、
というのがカッチャンの予想でした。

そして奥には聖水の湧く泉が。
f0134229_233564.jpg

なんという美しさ!
f0134229_2351824.jpg

まるで富士宮の浅間大社のよう! ←例えがちっちゃくてスミマセン^^;
残念ながら有名な大きなうなぎさんには会えませんでしたー。

f0134229_2361375.jpg

神社仏閣や仏像などが大好きなうちのオット。
カッチャンの詳しくてためになる説明に聞き入ってました。
そしてノッてきちゃったオットはさらに「あそこも行きたい!」と・・・。
カッチャンも「え!?あそこも!?」とちょっと困り顔。

さてその「あそこ」とは・・・次回へつづく~。
[PR]
Top▲ | by marikkomekko | 2009-05-13 23:08 | @BALI 見・食・遊 | Comments(14)
| ページトップ |
"maidenhair fern" Skin
by Animal Skin